lccって何?

lccの魅力はなんといっても、リーズナブルな価格です、なるべく早く申し込む事はもちろん、時おり行われるバーゲンを利用すると信じられないくらい安い価格で飛行機に乗ることが出来ます、その為常に情報はチェックしておきたいものです。
さて、その一方逆に高くなる場合があることに注意が必要です、まずは距離的な事です、多くは成田や関西空港を基点としているのですが、都心から遠くその往復が二千円以上かかることです、つまり、通常の大手エアラインより二千円安くてもお得にはならないです。
また、早い時間に出発するので空港に行き着けるか、空港から帰れるのか?帰れなければホテル代がかかってしまいかなり高くつく可能性もあります。
次に手荷物の問題です、北海道などにスキーやスノボに行く時は手荷物を預けないといけませんが、手荷物を預けるのは別途料金がかかります、その料金を入れて考えなければならないです。
他にも、座席を指定するのに料金がかかる会社がほとんどです、窓側の席が高くなり、真ん中、通路側が安くなりますが、フリーの場合はかからないですが、当日席が分るのですがたいてい真ん中となります。
その他にも、運航が遅れがちです、運が悪いと欠航になるリスクがありますので帰りの交通がなくなりホテル代がかかるなど出費がかかることがあります。
まとめると、運賃、交通費、指定席代、手荷物預け料等を足して大手と比べるべきです。 国内の格安航空券を航空会社を横断して検索できるサイトもたくさんありますので参考にしてみてください。

lccはどれくらいお得なの?

lccは名前の通り低い価格で旅行ができる航空会社のことですが、どれくらい安いのかと言うと、大手の航空会社と比較してみることでより鮮明になります。例えば、成田空港からオーストラリアのケアンズまで行く場合に全日空とコリアンエアーとジェットスターで比較してみるとわかりやすいです。全日空でしたら約8万8千円~・コリアンエアーなら7万4千円~・ジェットスターなら4万7千円からとなっています。ジェットスターなら概ね大手の航空会社の半額で利用することができるのがわかっています。

行先をゴールドコーストに変更してみても、コリアンエアーが9万5千円~となっていて、ジェットスターなら4万2千円で利用することができます。この結果からかなり得をできているので、llcを使うのは本当に賢い選択だといえます。荷物を預ける際に料金がどんなに軽くてもかかるということと、機内食は大手の航空会社よりも味が良くないというデメリットはあるかもしれないですが、それを十分補える利点がllcにはあると思われます。経済的に最も得をしたいなら、4割から5割ほどお得なローコストキャリアを選んだ方が絶対に賢い旅行ができるに違いないといえます。